スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の更新【行き方】

2010年03月06日
放置のまま終わるのもなんなので…。
このブログ、最後の更新をします。

内容はワールドカップイヤーの今年にアップしようと思っていたとある場所への行き方です。
2008年4月に新婚旅行に行った際、も嫁にムリ言って行ってしまいました。
さぁ~てどこに着くんでしょうか!それではスイスはチューリッヒ中央駅からスタートですw

2008年4月のチューリッヒ中央駅。EURO一色です。
DSCF2711ss.jpg


チューリッヒ中央駅からトラム(市電)の3番に乗って、終点のKlusplatz駅まで行きます。
下りたら東へ歩きます。前もってGoogle Earthで地図をプリントアウトしておいて下さい。

東はSonnenbergの丘。大分上登ります。こんな感じ。チューリッヒの街が一望できます。
DSCF2732ss.jpg

登り切ったらもう少し。途中旗も見えるはずなのでもう迷わないでしょう。
てことで到着。FIFA(国際サッカー連盟)です。
DSCF2737ss.jpg

ただしここは元・本部。現在の本部はここから少し(といっても徒歩ではキツイ)北にあります。が、そこは完全なオフィス棟で一般人は入れないらしいです。で、ここは現在博物館的な役割として一般人にも開放、中には規模は大きくないが色々あって、ショップもあるらしい。だが、閉まってた…。まぁ予想はしてたけど。閉店法あるし(スイスには「閉店法」というのがあって、平日は18時以降、土曜日は16時以降、日曜日は基本終日お店が休みになります)。でも残念。救いは扉の横に飾ってあったこれ。まぁレプリカだろうけど。
DSCF2740ss.jpg



さて、ここを卒業して、Twitterにお引越しします。
アドレスはこちら。
http://twitter.com/wshi22
ユーザー名は「wShi22」です。「wShi」だけのは既に使われてたので…。

今までより頻度高く(つっても一日何度もとかはないけど)、
気楽に更新していこうと思うのでヨロシクお願いしますm(_ _)m

このホムペは残しておきます。いくつか重要なことも書いてあるので。
てなわけでつぃったーで改めてヨロシクです~。
スポンサーサイト

2010初ゴール集

2010年01月10日
皆様明けましておめでとうございますm(_ _)m
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


てことでWiiイレ2010初ゴール集、できました~。
今回2ヵ所でアップしました~。

zoome版


YOU TUBE版


zoome…MPEG2でアップしたら音でないし、MP4だと無駄にエンコードされて画質下がるし…。
その点YOU TUBEは問題なくアップできていいね!海外の人にも観てもらおうとタグたくさんつけたったわ!

さて、手動パスゴーをど~してもやってしまいますorz
手動パスゴーを「ついやってしまうorやらないようなんとか自重する」のでフリーランの数値が伸びませんw
すごく持て余してる感じ…。グラフ超平凡…。不器用ですから…。

今作はパススピードが上がってショートパスが通りやすくなりましたね~。パスサッカー、がんばります。
そんなパスサッカーがんばる今季もファブリツィオ・ミッコリのドリは頼りになります。
てことで観てね~

激動

2009年12月31日
3月ににこんな日記を書いて…。


そして6月25日…。


10月28日から映画が始まって…。


マイケルフィーバーは年をまたぐわけですが…。


…いいよね、マイケル。FOREVERです。



てことで今から帰省しま~す。

編集編集編集…

2009年12月30日
今日から休みに入りました。


現在レコーダーに入った映像の編集&ダビング作業に追われとります。
9割はマイケル関連です。

なんかなまじ編集できるようになってきたら、CMが残ってる状態が許せなくて…。
我ながらよくやるよ。「愛と哀しみの真実」なんかCMだらけだったもんな~。全部消したったわ。ハハハハハハ!!


とにかく31日のマイケル祭りまでに8時間分空けないと…。
録画編集ダビングしてる時間はWiiイレもオンラインではやってませ~ん(試合録画できないので)。
ちなみに31日の早朝に米沢へ帰省しま~す。

真実

2009年12月17日
皆さんはご覧になりましたか?
16日20:00から日テレで放送された番組「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」。

観ていない人のため内容を簡単に説明すると、ノンフィクション作家の小松成美さんがマイケル・ジャクソンの2つの児童虐待疑惑に対して、その裁判記録と主要人物への取材を元にマイケル・ジャクソンがいかに無罪かを明らかにした番組でした。観た人に無罪だと分からせるに十分な内容でした(皮膚病にも触れてくれたし)。ジョーディ・チャンドラーがマイケルの死後、謝罪したことも入れてくれると完璧だったけど。


観た人と観てない人とでとてつもない情報格差が生まれています。
何せいままでメディアであたかも有罪かのように報じられていたマイケル・ジャクソンの児童虐待疑惑が実は詐欺師相手のでっちあげで、マイケルは火を見るより明らかな無罪だったのだから。事実が180度違う。

この番組の持つ意味は非常に大きいと思います。「THIS IS IT」を観てマイケルを好きになったとしても、観てない、真実を知らない人に「あの性犯罪者のどこがいいの?」とか言われたら終わりです。これによって真実を知った人は堂々と反論が出来る。堂々と「マイケルが好きだ」と言える。この番組によって真実とマイケルの苦しみを知った人はマイケルのパフォーマンスの見え方も全く違うと思います。

「マイケルが好きだ」と言いにくい時代が確かにありました。
オレはその頃でも堂々と「マイケルが好きだ」と言っていました。これはオレの誇りです。しかしその反面、信じてはいたものの、事実を追求しようとはしませんでした。当時ネット普及もまだまだで情報が手に入りにくいという言い訳もできますが、調べて真実にたどり着いている人は確かにいます。これはオレの後悔です。

でも、本来メディアが正しく伝えていれば、わざわざこちらから調べる必要もないし、いまさらこんな番組を作る必要もないわけで…。
調べたら無罪だと分かりましたって、今まで日本のマスコミは調べずに憶測で報道してたってことでいいんだよね?

その調べずに憶測で報道していた番組をまさにその1時間前に放送していました。
「SUPER SURPRISE 緊急生放送!これで見納め!マイケル・ジャクソンSP」は「マイケル・ジャクソン愛と哀しみの真実」でも伝えていた、マイケル・ジャクソン裁判のきっかけとなったマーティン・バシール製作の番組「Living with Michael Jackson」を再編集して面白おかしく垂れ流した、悪意の塊のような番組でした。

日テレは当時日本でこれを放送し、マイケルを陥れる片棒を担いだわけです。それを今引っ張り出して面白おかしく放送するなんて…。人道的に絶対に、絶対にやってはいけないことだと思います。
そしてこの2つの番組を続けて放送するとは…。凄い事するよ。まぁ見事に2つの番組が繋がっていると超解釈することもできるけど、日テレが大馬鹿なテレビ局だということを自らの手でたった3時間で証明してみせた、という解釈が正しいか。


ふぅ。勢いでこんなに書いてしまった。
オレ、マイケル報道がきっかけで、テレビをとても醒めた目で観ています。信用できない。
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。